排水管のつまり修理は自分で直す?業者に頼む?

このサイトでは突然の排水管のつまりには、自分で対処するか業者に頼んで解決するか見極めるポイントと、対処方法について詳しく紹介しています。
もし自分で対処を行うという場合に修理に必要となる道具の説明や、購入できる場所の紹介も行っています。
自分で対処できない場合や、できるだけ早く改善したい場合など専門業者に依頼したほうがよい詰まりの特徴なども紹介しているので、突然のトラブルでも焦ることなく冷静に対処出来るようになりましょう。

排水管のつまりを解決!自分でやるか業者に頼むかの見極めと得する対処方法

排水管のつまりを解決!自分でやるか業者に頼むかの見極めと得する対処方法 キッチンや洗面所、トイレなど水廻りは排水管のつまりが起こりやすい場所でもあります。
突然つまりが起こり、業者に依頼するとある程度の費用を覚悟する必要が出てきます。
そこで業者を呼ぶ前に自分で行える基本的な対処法を身につけておけば、業者を呼ばずともトラブルが解決する可能性が高くなります。
例えばトイレのつまりならば、原因が異物かトイレットペーパー、排泄物かで対処は異なり、トイレットペーパーや排泄物が原因の場合ラバーカップを使用して圧力で押し流すという方法や、クエン酸や重曹の利用により排水管の流れを良くする方法があります。
キッチンや洗面台の場合は、髪の毛や皮脂、石鹸汚れや油汚れが原因となるので、市販の排水管クリーナーなどを使用することで改善出来る場合が多いです。
ただしおもちゃやスマートフォンなど異物が原因で詰まっている場合、自分では取り除けないので専門業者に依頼をして対処して貰う必要が出てきます。

排水管のつまりの原因について簡単に説明します

排水管のつまりの原因について簡単に説明します 排水管のつまりの原因について簡単に説明します。
排水管がつまる原因は、場所によって異なります。
台所では、排水パイプ内の汚れが溜まることが一番の要因です。
粘度の高い油や洗剤がパイプの中の側面にこびりついて、それに食べ物のカスなどの細かな汚れが付着することで排水が悪くなります。
特に悪臭を防ぐトラップや虫の侵入を防ぐL 字の曲がりの部分では汚れが溜まりやすいです。
お風呂では髪の毛がつまる一番の要因で、パイプの中で絡まって奥の方でつまることもあります。
更に石鹸カスなどがパイプの内部で繁殖し、そこに髪の毛や皮脂や垢などが付着することで膨れ上がることもあります。
洗面台でもお風呂と同じ様に髪の毛や石鹸カスなどの他、ボトルのキャップやヘアピンなどの小物を落としたりすことが要因です。
洗濯機はでは、パイプや排水ホースが糸くずなどの繊維類や、それが洗剤カスなどの溶け残りが混ざりヘドロのようになることが要因です。
これを放置していると、ホースが外れて水漏れを起こす危険もあます。
トイレでは大量のトイレットペーパーを流した時に、便器内の排水管で溶け残りがつまることで起きます。
また、掃除シートなど誤って物を流してしまった場合にもつまります。

雑巾は排水管のつまりにつながる一番の原因

排水管のつまりの最も大きな原因は雑巾のすすぎ作業にあります。直接シンクなどの上に作業するとほこりや髪の毛が流れて配管に詰まるのです。これを防止するためには、雑巾を絞るときは、バケツなどでして排水を別のところに捨てることです。こうすることできれいな水だけを流すことでごみを出すことを防止します。
万が一、排水管にごみがたまれば、清掃する必要があります。まず歯ブラシを挿入して先端にごみを絡ませてとる方法です。排水管用のブラシが販売されており、配管の形状にならって挿入できる形状となっているため簡単に誰でも扱うことが出来ます。ほかの方法として薬剤があり、ごみを溶かしてきれいにする方法です。堆積した場合に有効な方法となります。ブラシでは取り切れない場合やブラシそのものでは挿入できない場合に有効です。少しずつ対応するため根気よく実施することがポイントとなります。最後に専門の業者に委託する方法があるのです。

排水管のつまりには個人賠償保険が適用できる

排水管は他の配管よりも汚物を流すためのものであるが故に、劣化速度が速いという特徴をもっています。その劣化に気づかずにつまりのような現象を起こしてしまい、業者に依頼をするというケースが最も多いでしょう。
排水管には保険が適用される例がありますが、個人賠償保険もその範囲内になる可能性があります。個人賠償保険とは最近ではクレジットカードにも付帯されており、基本的には火災保険や自動車保険に付帯しているものであり、すでに加入しているという人もいます。たとえば排水管のつまりなどで及んだ他者への損害については、この保険の適用範囲内になります。そのため一戸建てでは適用されることはほとんどありませんが、たとえば多くの企業が入っているビルなどでは保険が使用されたケースがあるのが特徴です。損害を受けた部分の経年劣化や消耗品などを加味して算出され、差額も補填されるという保険ですが必ずしも範囲内に入るとは限らないため注意しましょう。

排水管のつまりによって生じたトラブルへの損害賠償額

水回りの代表的なトラブルに、排水管のつまりが挙げられます。設備の劣化によって発生することもあれば、不適切な使い方によって生じることもありますが、とにかく放置をすることなく速やかに対処を講じることが大切です。
もし借りている部屋を汚損してしまった場合や、階下に水漏れを発生させるトラブルに発展した場合、損害賠償の責任を負わなければいけないこともあります。その際の損害賠償額の相場が気になるところですが、賠償額は明確に提示できないのが水漏れトラブルの難しいところです。というのも被害内容は千差万別で、床や天井の修繕で済むこともあれば、高価な骨董品の弁償が必要になったり、宿泊施設ならば客室利用ができない場合の損害の考慮が必要になったりすることもあります。もちろん複数の損害が発生すれば賠償額も膨れ上がってしまうでしょう。時には数百万円以上もの賠償が必要になることもあるトラブルですので、ただの排水管のつまりと軽視をしないよう注意が必要です。

トイレの排水管のつまりを良心的な価格で直してくれる会社は沢山ある

"トイレが故障してしまう理由の一つに排水管のつまりを挙げることができますが、素人がそれを直すのはとても大変で下手をすると余計悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。
この道に詳しくない場合は無理をしない方が良くプロに任せて直してもらった方が良いのですが、最近では排水管の状態を見てくれる会社が沢山あるのでトイレが故障してもそれほど心配することはないです。良心的な料金で作業をしてくれるところが殆どなので金銭的な負担を感じることなく直してもらうことができますし、時間をかけることなく作業が終了するのでその点に魅力を感じている人も多いです。
排水管が壊れてしまうと交換するのが大変で時間もお金もかかるので、何かがおかしいと思ったら直ぐに見てもらうことが大切です。
このように排水管のつまりによってトイレが壊れてしまうこともありますが、それを直している会社は沢山あるので良心的なところを見つけて出来るだけ早くそこに頼んで直してもらった方が良いです。

排水管のつまりを直す大規模修繕の特徴と時期

排水管のつまりによる大規模修繕は、普段見えない配管の修繕が行えるため、自力で改善しようとせずに早期に業者に依頼するのが良いとされています。
大規模修繕では排水管のつまりが例としては多いですが、配管修繕は欠かせません。家全体に大きな被害をもたらす危険性を孕んでいるのが主な要因で、たとえば排水管がつまったまま劣化した状態で放置すると、家のいたるところで水漏れが起きるリスクが高まります。さらに、配管が劣化することでライフラインが使えなくなってしまい、特に利用人数の多いビルで働いている人などが大変困る事態になるでしょう。排水管を修繕するために適した時期としては、春や秋などが挙げられます。真夏や真冬といった気象条件が過酷な時期と異なり、下地補修や塗装といった湿式工事も行いやすいため、施工品質を確保しやすいという特徴があります。できるだけ長く持たせたい配管ですが、劣化していくのは確実であるため定期的な点検をしてもらいましょう。

自宅内の排水管のつまりはDIYの範囲でも解決できる事例もあります

自宅のトイレとキッチン、洗面台と浴室に関しては、排水管のつまりが起きてしまうことがあるので日頃からメンテナンスは必須です。
それでもつまってしまった場合では、DIYの範囲でも対応する方法はあり、お近くにホームセンターがあれば、ラバーカップとワイヤーブラシの両方を購入することが必要です。
排水管に対して垂直にラバーカップを押し当てて、真空を作った状態で真上に引き上げる作業によって、水の流れを改善することで直せる可能性はあります。
この方法で解決できない場合では、お湯を流し込んでからワイヤーブラシを排水管の内部に入り込ませ、つまりの原因となっている物質を分解させたり奥側へと流し込むことを可能にするので、直せる可能性を高めることができます。
洗面台の下側とキッチンの下側の事例では、排水管が見える位置にあることが多く、ワイヤーブラシを用いても直せない場合は配管自体を外してから針金ハンガーなどを伸ばして異物を取り出す方法もDIYとしては簡単な範囲です。

排水管のつまりはプロの方に直してもらうのが一番良い

排水管のつまりが起こっているとキッチンがとても不衛生な状態になってしまうので、早めに解消していくためにも素早く対処していくことが非常に大切になってきます。
また、排水管のつまりが軽度であれば自分で改善することが可能ですが、水漏れが発生しているくらい深刻な状態の場合だと、軽い対処方法くらいしかすることができないので早めに業者に依頼するようにしてください。
何事にも言えるのですが、故障やトラブルに関してはその道に精通しているプロに任せるのが一番良いと言われています。
プロの方なら様々なトラブルにも対応してもらえるので、的確な修理を実施して直ぐに解決させることが可能だからです。
それと、最近の水トラブル修理業者は非常に優秀性が高くなってきており、問い合わせを行った翌日には点検にきて修理を開始してくれることも期待できるので、どんなに深刻な状態でも確実に改善させることができるでしょう。
キッチンは常に快適に利用したい場所なので、何かあったら直ぐに対処することを心がけてください。

排水管のつまりを解消させる便利な道具を紹介

排水管のつまりが発生してしまうとキッチン全体の快適さが損なわれてしまいますし、酷い水漏れや不快な臭いを発症させてしまうことがあるため、できるだけ早めに対処して綺麗な状態にしていくことが大切になってきます。
また、一番確実性が高いのがプロの方に依頼して定期検診や修理の依頼をすることなのですが、そこまで深刻な状態ではない場合には、自分自身で気軽に取り組める排水管のつまり解消の道具を購入してみてはいかがでしょうか。
絶対に必要になるおすすめの道具に関しては、意外と吸引力が高いものが多いパイプクリーナーです。
排水管の中に差し込むだけで中の汚れを排除して綺麗にしてくれる効果が期待できるため、威力などをよく調べてから買うことをおすすめ致します。
それと、強力な水圧によって食べかすなどを取りのぞいてくれるローポンプも非常に良いでしょう。
かなりの軽量で持ち運びが楽なものが非常に多いので、興味を持たれた方は積極的に購入してみてください。

排水管のつまりトラブルが生じたらすぐにやること

キッチンやトイレの排水がつまってしまった、そんな場合には早急に対処することが重要です。
放置していると水漏れや浸水のリスクが高まりますので、急いで対応しましょう。
排水管つまりトラブルですぐにやることは、まず排水口の使用を停止し、清掃をすることです。
排水口まわりにゴミがたまっているのなら、それを取り除いて水はけを良くしましょう。
目に見える範囲にはゴミがない、入口付近の汚れをとっても解消しないという場合は、排水管の内部に原因があると考えられます。
家に排水管クリーナーがある場合は、それを使用してトラブルの原因を解消すると良いでしょう。
専用の洗浄剤なら、配管の内部にこびりついているような汚れも、除去することができます。
クリーナーを使っても解消できない、異物が奥まで入り込んでいるという場合は、専門業者に依頼をするのが安心です。
水回りトラブルや排水管つまりを専門としている業者を探して、依頼をすると良いでしょう。

排水管のつまりの際には見積もりをとってもらう

排水管が詰まるとその部分の水回りが使用できなくなります。
これは生活において非常に大きなマイナスです。
何としてでも早く直したいと考えるのが自然なことと言えるでしょう。
しかし、慌てて高額な修理費用を請求されてしまっては元も子もありません。
排水管のつまりの際には見積もりを出してもらうことをお勧めします。
ただし、見積もりを一社に出してもらっただけでは何も分かりません。
その内容が正当なものであるか、価格が妥当なのかを比較して検討する必要があります。
もしも、その内容について不明な点があった時には必ず質問しておくようにしましょう。
質問に対して真摯に答えてくれるかどうかを見ることにより、それぞれの業者の信用性を推測することが出来ます。
昨今ではインターネット上なので手軽に予算を計算してくれるサービスも実施されていますが、具体的な金額は症状を見てみないと分かりません。
詳しく調べてもらって初めてわかることがあります。

水漏れ修理のおすすめHP

水漏れ 修理 枚方市